SPECIAL

オリジナルメカ設定画

バルギアス

デストルークの首魁。地球の存在する世界とは異なる世界の生命体で、
                年齢は不明だがかなりの時を過ごしてきたようで、少なくとも地球時間で3万年以上前から存在している事が分かっている。
                (精神年齢は、人間でいえば40歳代)。その実力は確かなもので、白兵戦から砲撃戦までそつなく・荒々しくこなす。
                彼の目的は全異世界を支配下に置くため、異世界間を隔てている次元の壁を破壊する事。
                デストルークでは、それらを『世界をあるべき姿に戻す』と表現しているが、バルギアスの唱えるそれは、どうやら違った意味を持つようである。

全長:35.0m 重量:260.5t CV:中田譲治 オリジナルメカニックデザイン:藤井大誠

  • 背面設定画。各部に多数のスラスターを持っており、高機動戦も問題なくこなせる。 なお、バルギアスはあくまで生命体であるため、厳密にはスラスターではなく、同様の働きをする何らかの器官である。

  • バルギアス愛用の大剣、ギバスソード。 この剣に炎をまとわせ、敵を粉砕するギバスブレイクが最大の必殺技。

  • バルギアスの顔の設定画。 普段閉じられているマスクは、口からヘルフレイムを吐く時など、限定的なシチュエーション以外で開かれる事はない。 マスクは後頭部にある襟状の部分に接続されており、顔と連動して左右に可動する。

  • 背面及び、武器の線画設定。 バインダーはボールジョイントで接続されているが、これらは可動域などを考える際のイメージ図。

  • バックパック、バインダーの分解図。