マジンカイザーSKL

参戦作品

  • NEW
  • NEW
  • NEW
  • NEW
  • NEW
  • NEW
  • NEW
  • NEW
  • NEW
  • NEW
  • NEW
  • NEW
  • NEW
  • NEW

スーパーロボット大戦BX オリジナルキャラクター

作品概要

不滅のスーパーロボット「マジンガーZ」をモチーフに、大胆なアレンジを加え映像化したオリジナルビデオアニメーション。それまでの「マジンカイザー」シリーズとの直接的なつながりはなく、完全新作として制作された。見どころは、縦横無尽に暴れまくるカイザーは、まさに“魔神”そのもの。それまでのマジンガー像を打ち壊す、新たなヒーローの誕生だ。

ストーリー

3つの勢力が死闘を繰り広げる奇械島では、島に設置された重力炉が暴走、世界は危機的状況に陥っていた。そこに突如現れた漆黒の巨大ロボ!身の丈ほどの巨大な剣と2丁拳銃を操り、たった一体で群がる敵を破壊し尽くす。禍々しくも雄々しいそのロボットこそ、海動剣と真上遼の二人が操るマジンカイザーSKL――神をも、そして悪魔をも超える究極の巨大ロボットだ。今、カイザーの咆哮が世界を揺るがす!

用語辞典

奇械島

太平洋上に浮かぶ孤島。
重力カーテンという特殊な障壁に包まれており、この影響で周辺地域は重力異常が発生。通常の航空機や艦船は、一切近付くことができなくなっていた。
島にはロボット製造施設とプラントが三つ存在し、それぞれ八稜郭、キバ軍、ガラン軍という軍団が所有している。
このプラントを巡り、島では長きに渡る戦いが続いてきた。

重力炉

過去に造られた大型エネルギー炉。
グラビトンリアクターと呼ばれる動力源により、他のエネルギー炉とは比べものにならない膨大なエネルギーを発生させる事が可能。
しかし、経年劣化もあり、負荷が高まった状態でエネルギーを抽出し続けると、大爆発を起こし、地球の磁場を崩壊させる大災害を引き起こす。磁場の崩壊は、地球の滅亡を意味する。

エルプスユンデ

『原罪』という意味を持つ人造人間。
歴史の裏で生み出された存在であり、奇械島の人々をはじめとして、今も各地に人知れず存在している。